ドライバーさんて地味な仕事?いえ!そんなことありません。

 

ごく普通の方ですと、ドライバーといえば、荷物を届けるだけ、運転するだけのようなイメージがあるのではと思います。実はドライバーさんってとってもたくさんのことをするんですよ。

まずは配達からですね。配達する時には自分の担当する区域の荷物をチェックしてルートを考える。

そして積む時に荷物が壊れていないか、逆に壊れないようにしっかりと積み付けをする。運送会社さんにもよりますが、その後荷物を持ち出すための伝票処理をする。
もちろんトラックを動かす前には点検などもしますし、アルコールチェックカーなどによる毎日の検査もあります。

あとは忘れないように燃料補給ですね。これについては前日の就業時に満タンにしておく方が多いかもしれません。
そして準備が整ったらいざ出発です。

簡単に出発と言いましたが、当然のことながら法令遵守、安全運転ですね。デジタルタコグラフがついている場合は速度や回転数まで記録されます。そして位置情報などもしっかりと把握できるんですね。

そしてお客さまに配達。まずはご挨拶から始まって、荷物を卸して検品して頂く。そして受領印を貰って、最後にきちんとお礼を言って1件完了です。荷物を降ろした後に荷崩れしないように荷物をならすことも忘れません。保護資材や固定する器具などを利用しながら荷物を壊れないように常に考えているのです。

そして集荷ですね。お客さまのところからお荷物を預かる。しっかり検品してお預かりの伝票をお渡しする。それが終わるとお店に戻り、行き先ごとに仕分けしながら荷卸しをする。

その後は伝票の整理や日報の作成などをして一日が終了します。
だいぶおおまかな説明ですが、ドライバーさんの一日はとても忙しく、そして楽しい物なんですね。ちょっとした参考になればと思います。

 

/////////////////////////////////////////////////

ウェブで使えるカンタン配送サービス「ムーボ」はこちら↓
http://movo.co.jp/match

コメントを残す